業務内容

収集された廃タイヤの処理工程

廃タイヤの処理は、普通乗用車のタイヤと大型、中型トラックのタイヤに分類され異なった機械で処理します。回収してきた廃タイヤは選別され、それぞれの場所に下ろします。

中間処理工程

タイヤショップ・タイヤメーカー・自動車整備工場・ガソリンスタンド・運送会社・バス会社・自動車解体業・各市町村などから、回収されたタイヤを処理工場へ降ろし、選別します。選別が終わった廃タイヤは、コンベアで破砕機へと運ばれます。破砕処理をしたタイヤはトロンメルにて選別され50mmチップとして、大型トレーラーに積み込み処分場へ運搬します。大型タイヤ、中型タイヤは切断機にて、32分割処理しカットタイヤとして、処分場へ運搬します。積み込まれたタイヤチップ・カットタイヤは、製紙会社などに輸送されます。また、選別時の検査によりタイヤとして使えるかを検査し、基準を満たしたタイヤは国内の再生タイヤメーカーへと運ばれ、国内の再生タイヤメーカーの基準を満たさない規格外タイヤは当社の池田支店(輸出部)にて、海外の再生タイヤ工場へ輸出します。

特殊処理工程

大型クレーン車のタイヤ、ノンパンクのタイヤなどは、プレス式の切断機にて処理します。また、ホイールが付いたタイヤはプレス機で、前処理して処理します。

循環型社会を目指し取組んでいます。

設備紹介

タイヤチップ製造システム

タイヤシュレッダーtire-shred1
TCM-500-1
tcm-500
WPM-30-1A
LTC-16

車輛紹介

保有車両

4t車  3台
フォークリフト車 5台
5t車  1台
タイヤショベル  2台
7t車  4台
営業車 2台
10t車  1台
 
25t車  1台
 

車輛写真

3t車

3t車

7t車

7t車

7t車

tora6

4t車

4t車

4t車

4t車

7t車

7t車

4t車

4t車

4t車

4t車

25t車

25t車

10t車
10t車

ページの先頭へ

回収エリア